さり気ないわきが治療


わきがとは、正式には腋臭症といい、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で、強いにおいを発する体質のことである。
ワキガ臭はそれを嫌う人も非常に多いことから、ただの体臭とは異なり、治療による改善などが必要になることも多いものである。

またわきがを持っている本人としても、周囲への影響から引きこもりがちになることも少なくなく、わきがの問題は軽視できない部分もある。

しかし、最近ではわきがの治療や改善の研究も進んでおり、その方法は多岐にわたっている。

ここでは、わきが治療の方法についていくつかご紹介したい。

ワキガの治療方法として一番効果的なのはやはり手術療法である。

わきがの手術は、原因であるアポクリンを発するアポクリン汗腺を一つ一つ取り除く方法だ。


この方法は間違いなくわきがのにおいを抑えることができ効果的で、わきがの治療の中で唯一保険適用であり、治療方法の重要な一つとなっている。


しかし治療後の安静期間が長いため、普通に就労している人にはなかなか実施できない場合もある。
また手術跡がはっきりと残ってしまうという短所もある。

次に吸引法がある。
この手術は、脇の下に小さな切開を行い、そこから、エクリン汗腺やアポクリン汗腺を吸い出す手術になる。


手術跡も残りにくいが、他の手術法に比べると効果が薄い傾向にある。

次に汗腺凝固法という方法である。
この方法は、高い電流によって、汗腺自体を破壊するという方法だ。
術後の安静や運動制限などもないので、術後のことを考えると安心して実施できるとともに、効果も期待できるのだが、何回もクリニックに通う必要があるのが欠点だ。最後の超音波法について。


この方法は吸引法の一つだが、吸引する前に、超音波を利用して、汗腺を破壊したうえで吸い出すという方法である。様々な方法があるので、わかがについて悩んでいる人は一度調べてみることをお勧めする。